プリントの種類

シルクスクリーン印刷で使用するインクは性質で分けると2種類、状態でも2種類に分類されます

水性インク
水で粘度を調整したり、洗浄できます。Tシャツなどほとんどはこのタイプのインクを使います
油性インク
揮発生インクで見た目は油性の絵具のようです。ナイロンや撥水加工の布地に使いますが、色調整や洗浄に手間が掛かるので、ナイロン系の商品にしか使いません
顔料プリント
プリント表面はインクが布地に染み込んでプリント表面に凹凸がありません。プリント後は少しごわつきがありますが、洗濯後はプリントしていない部分のように柔らかくなります。プリント部分の通気性は良いですが、隠蔽性がないため濃色の布地には不向きです。白生地にプリントするのが一番正確に発色します。生地の厚みや凹凸、吸水性によって若干の色の濃さが変化する場合があります
ラバープリント
プリント面は薄いゴムが張り付いたようになっています。水性と油性がありますが油性は摩擦強度はありますが、伸縮性がないためナイロンなどの伸び縮みがなく剥離し易い生地に向いています。生地の特徴に影響されにくいので正確な色が出せます。プリント表面の通気性は悪くなります。当店では油性ラバープリントは扱っていませんが、水性ラバーの対応品でプリントしています
アクリルラバー、ウレタンラバー
水性ラバーにはアクリル、ウレタンラバーがありますが、Tシャツなどの素材に綿が使われている商品にはアクリルラバーが使われ、水着などポリエステルが使われている伸縮性の生地にはウレタンラバーが使われます
発砲プリント
プリント後に熱プレスで膨らませる加工です
ラメプリント
クリヤーラバーの中にラメが入っています。通常プリントの上からラメをのせたり、着色できます
箔プリント
転写のように熱プレスで接着します。プリント後は引っかきや、割れに注意して洗濯する必要があります
金、銀プリント
ラメより細かい金、銀粉が入っています。着色しての加工も可能です

ピンク

ブルー

ラメ単体に色が付いています。銀ラメに着色してプリントする方法もありますが、ラメに色が付いている物は不向きです。

レインボー

箔の種類はこれ以外にもあります。

箔プリントに使う箔はお客様の買取になります。
小ロットになると割高です。こちらにお問い合わせください

過去のプリント
メール
過去のプリント
お客様の商品
シルクスクリーン印刷
プリントの種類
プリント不可
お急ぎの方
納期
配送・送料
お支払い方法
デザイン
プリント商品
メール
print@yanapuri.com
http://www.yanapuri.com
TEL 072-783-8440 FAX 072-783-7811
兵庫県伊丹市西野2丁目390番地
ヤナガワプリント